s5群弓

s5弓呂布編成

シーズン5のガチャは大爆死で新武将は陳宮のみ。。。あの頃の自分は少しだけモチベが落ちていて、追加で課金しようか迷ったところを何とかふんばって来季のガチャまで耐えて過ごしていたような記憶があります(遠い目)。陳宮が当たったのは不幸中の幸いでとりあえず組んでみようと思った弓の編成がありました。

 

彼の登場により、呂布と貂蝉の3人で連携効果が狙えるようになりましたが、その前に彼の兵種は弓兵なので弓編成をしたいと思いました。鶴翼は個人的にまぁまぁ好きな戦法なので・w・

 

知略の低い呂布は策略系に対して非常に弱いです。初見で陳宮の固有戦法を見た際には呂布+誰か+陳宮のラインまで考えたとは思います。

 

遅智難酬
敵軍複数に策略系攻撃を行う(ダメージ率120.0%(Lv10時は240.0%)知略の影響を受ける)。さらに味方全体が次に受ける策略系攻撃ダメージを大幅に減少。

発動確立35%で有効距離が5で敵軍2体が対象。策略系攻撃に弱い呂布とは相性はいいですね。

 

・・・となりますが、発動確立35%と次に受ける策略系ダメージを減少なのでとのことなので、当たり前ですがバフ効果は消失しますから彼がいるから大丈夫ではなく、一応知略にも少しふって耐性をつけておこうかな程度にはステータス配分した方がいいのかもしれません・_・

 

自分の手持ちで呂布と相性のいい武将は限られています。ということで、甄洛ですね。これで3人全員が群陣営で弓兵という編成が完成しました。

 

呂布+甄洛+陳宮

群呂布甄洛陳宮
本営 呂布(群:弓) 轅門射戟 愈戦愈勇 箭嵐
中衛 甄洛 洛水佳人 落雷 渾水摸魚
前衛 陳宮 遅智難酬 鶴翼 反計之策

呂布に関することを書くたびに言いますが、戦法がないので仕方なく箭嵐にしています。

 

鶴翼は1,3,5,7ターン目に弓兵が分兵状態になります。広い範囲に攻撃が行き渡り、混乱と臆病にさえかからなければ毎ターン行える通常攻撃なので、総火力のばらつきが少ないと思います。副作用の攻撃低下もこの戦法が強すぎるからといったところでしょう。呂布を入れた3弓編成になるとほぼ必ず入れちゃうので、ないときの違いが分かりませんが連携編成にしたときに試したいですね。

 

呂布を入れる際にはコントロールの役割をする武将も必ず入れることを心掛けているので今回は甄洛がその役割を担ってくれます。プラス回復付きの武将であり、穴があればすぐ入れることのできるフルタイム出勤可能なバイト要員みたいなものですね。呂布と相性のいい他の武将は違う編成に使っていましたので・・・。

 

ですが、個人的には弓諸葛亮が欲しかったり、愈戦愈勇雄兵破敵に入れ替えたりした方がよかったのかもと思えました。シーズン2以降ずっと呂布を使っている自分としては、このシーズンの編成と比べてみると、あまり満足のいく編成ではなかったです。次につなげたいと思います・w・

 

戦歴

s5群弓vs弱蜀 s5群弓vs弱弓

主流ではない編成に対してはきちんと仕事をしてくれているので、まずは第一関門突破って感じです・w・

 

s5群弓vsゴレン

呂布を入れた編成に対して呉レンとは何回かお世話になっていますが、やっぱり弓諸葛亮がいるのといないのとでは、違うのかなと思いました。陳宮の機嫌が悪かったこともあって固有戦法を発動してくれないというパターンで撃沈😇

 

s5群弓vs大漢弓

このシーズンくらいから流行りだした霊帝+張機+呂蒙の編成。けっこう安定感のある部隊だとは思いましたが、使用する戦法もかなり多くの高級戦法を使うので、どこかを妥協して違う戦法を入れる方もいました。一応、削り勝ちしていますので、よかったです・w・

 

s5群弓v呉刑兵 s5群弓v蜀刑兵 s5群弓v蜀之智刑兵

刑兵の編成たちと戦いましたが今までの編成を見ると、魏刑兵に対してはどうなるかを想像すると・・・おそらく負けます😇

 

個人的には上から2番目の蜀刑兵が苦手すぎて辛いですね・・。このs5弓呂布では削りの面では勝っていますが、1戦歴のみなので戦闘回数が多くなれば敗北数は多いような気がします。甄洛が働いてくれましたので、運の差で勝ったとも言えます。

 

次の呂布の編成もまた連携ではなく群弓になりそうでs..(← 次のシーズンでは董白が登場して、成り行きでs6群弓になっています。董白に関しては当初とは全く違う編成になってしまい、結果的に貂蝉は違う部隊に配属されちゃいました。 いつになったら組めるのか自分でも分かりませんね・w・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA