大三国志 魏騎馬隊(本営夏侯淵 )

本営夏侯淵騎馬

やること多すぎ+五月病のコンボで少し干からびてました・・。五月病って身近な人は毎年のように言っていたのを聞くんですが、今年はあんまり聞かなかったですね。さらに五月のわりには暑すぎて自分は早々にエアコンもつけるくらいにバテバテな状態という・・。去年とは違う気がします。

 

話を戻すとこの本営に夏侯淵を置いた魏騎馬隊・・・すでにやっている方はいるんですが、自分は初めて組んでみました。ちなみにシーズン5の草木皆兵がまだ手に入らなかった状態なので、水淹七軍。一騎当千も持っていないので他の戦法で妥協しました😇

 

魏騎馬の候補で確定枠として夏侯淵。そのほかに曹操荀彧郭嘉が選択肢に入りますが、前衛と壁といえばシーズン1の騎馬隊ではお世話になった曹操が挙げられます。確定のデバフ(ステータス弱体化)と+2.95という屈指の防御のステータス上昇値。

 

夏侯淵+荀彧or郭嘉曹操でいきたいところですが、自分はこの騎馬隊にコントロール役として郭嘉を採用し、中衛には荀彧を置きました。(曹操は卒業です・・ごめんなさい)レベルングは少しだけ大変でしたが、実践ではちゃんと働いてくれた編成でした。

 

夏侯淵+荀彧+郭嘉

大三国志の夏侯淵大三国志の荀彧大三国志の郭嘉
本営 夏侯淵 虎歩関右 雄兵破敵 折戟強攻
中衛 荀彧 駆虎呑狼 始計 水淹七軍
前衛 郭嘉 奇佐鬼謀 戦必断金 鋒矢

曹操は確定のデバフ(ステータス弱体化)と壁という点がありますが、郭嘉の防御の+1.79は前衛でも務まる数値であり、実際に前衛に郭嘉を置いている方はいます。

 

そして、個人的には火力の軸である夏侯淵をコントロールされたくないというのもあり、騎馬という足の速さを活かして先にこちらからコントロールをしてしまおうということで郭嘉を入れました。奇佐鬼謀の発動確立は35%と微妙なところですが、2ターン封じ込めれるのは大きいので、ここは積極的に編成していきたいと思いました。

 

中衛にはさらなる火力に荀彧・・・という感じで置きましたが、そのほかにもう一点だけ、ゾンビ隊を仮想敵の対象として採用しました。ゾンビ隊を倒すにはどでかい火力で序盤から押し込んでいくか回復を封じて倒していくかの二択だと思っています。

 

前者のような編成は馬超や張遼のような通常攻撃が痛く序盤から連撃効果を付与できるような武将を入れることで実現することができますが、今回は3武将中2武将が軍師で通常攻撃も痛くなく、夏侯淵が物理といってもこちらは馬超とは違って主動戦法をメインとした物理系武将です。なので、後者のような回復阻害を持つ荀彧を置いてゾンビ隊と対峙した際にも問題なく倒せるようにしました。

 

夏侯淵の戦法は一騎当千がないので折戟強攻を入れましたが、準備ターン要らずなのでこちらも候補としてアリだと思います。主動戦法がメインなので、この後に続く攻撃低下のデバフ(弱体化)も無視して大丈夫です。

 

彼の固有戦法は主動戦法なので、指揮戦法のバフ(強化)系は全て乗ります。ここで荀彧の始計と郭嘉の鋒矢を入れて夏侯淵に火力を出させていきますが、ここで一騎当千があるとどこまで火力が出せるのか気になることころです・_・

 

戦歴

何か真ん中に変な文字が浮き出ていますが、スルーしてほしいです・・・。

 

夏侯淵騎馬vsゴレン 夏侯淵騎馬vs始計ゴレン

普通の呉レンと始計ゴレンですね。どちらも深手を負っています・・。

 

夏侯淵騎馬vs法正騎馬

こちらは郭嘉が序盤から固有戦法を発動して刺さったパターンで、法正騎馬の弱点である猶予や混乱で主力が封じられて法正の役割が破壊された戦歴ですね。

 

夏侯淵騎馬vs職之智形兵

ちょっと珍しい蜀之智形兵で正直、ちょっときつかったですね。軍師編成だと完全に負けてました。赤星の威圧感がやばい

 

夏侯淵騎馬vs弱魏編成

レベル差を考えるとこれは残念な結果で終わった戦歴。相手の方はコントロールが2人いてその差が効いた印象。夏侯淵は臆病よりも猶予状態にされると辛いのかな・・・?こちらも前衛は郭嘉です・w・

 

夏侯淵騎馬vs蜀魏形兵

劉備の入った魏蜀形兵ですが引分・・・。一応、劉備はお亡くなりですが、この編成に対してこの結果であればこの編成もそこそこ悪くはないと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA