大三国志 張機入り倍々編成

弓兵倍々編成

張機のね

使い道探す

模擬戦中

10秒で思いついた字余りましましの川柳ですね。

 

今日は張機をメインにした部隊を紹介したいです。張機は基本的にゾンビ隊という部隊で使われますね。もうすでに皆さんはゾンビ隊がどういう部隊なのかは分かっているでしょう。簡単にいうと耐久重視の持久戦を狙った編成で、今回はその持久戦に持ち込むことでさらにこちらが有利に戦闘が運べるような部隊を編成してみたいと思いました。

 

弓騎馬超編成のときのような防御に重きを入れつつ、後半からダメージが出せるような張機部隊を目指します。

 

まず、一般的なゾンビ隊は安定したダメージ源を元にターンを重ねますが、こちらはターンを重ねるごとにダメージを増やすことを目的としています。簡単な例を出すと深謀遠慮ですね。ターンを重ねるごとに策略系ダメージが増えます。

 

終盤になるにつれてどんどんダメージが増えるようにしたい場合は、耐えるためのダメージ軽減のデバフ、バフはもちろん、回復コントロール戦法も必要でしょうし、さらにその武将自体も知略が高い必要があります。張椿華では火力不足です。自分の編成はできる限りすべてを満たすように編成しました。

 

賈詡+諸葛亮+張機

大三国志の賈詡諸葛亮張機
本営 賈詡 算無遺策 深謀遠慮 楚歌四起
中衛
諸葛亮
明其虚実 措手不及 連環
前衛 張機 金櫃要略 無心恋戦
迷陣

この編成は賈詡+甄洛+張機の弓ゾンビに似ていますね。甄洛諸葛亮になりましたので、回復は張機だけになりました。代わりに猶予のコントロールとターンごとに知略が低下するデバフ(ステータス弱体化)を手に入れました。

 

張機は耐久部隊の要。この武将がないと始まりません。金櫃要略無心恋戦火力がでる最初の3ターンをできるだけ防ぎます。迷陣は気持ちちょっとのコントロールです。ここは自由に変更してもいい箇所で、張機使いの一部では健卒不殆などを入れている方は多いですね。

 

諸葛亮はコントロールやデバフ(ステータス弱体化)担当で、彼の固有戦法が非常に強力です。ターンごとに知略が6.0%ずつ低下します。知略が低下するという箇所が重要でこれはつまり、策略系で与えるダメージが低下しつつ策略系で受けるダメージが増加するということです。上記の戦法の構成をみると分かりますが、全員相手の本営にまで攻撃が届きます。

なので、一つは連環を入れることで本営へのダメージを確実に後押しし、もう一つの措手不及金櫃要略無心恋戦の効果がきれた際に続けて臆病が入るようにしています。通常攻撃の強い部隊を想定した戦法ですが、ここは変えてもいいと思いますが、一応これのおかげで馬超などの騎馬隊に対して引き分けで耐えることは可能。※勝てるとは言っていない。

 

賈詡の深謀遠慮+楚歌四起は定番ですね。兵種は死士にしてall 弓兵に揃えましょう。ここを龐統にするのもアリで、賈詡は主動戦法を持つ部隊龐統は追撃戦法を持つ部隊に対してダメージを多く与えることができます

 

そしてさらに言うと賈詡算無遺策と猶予状態はダメージが出せず相性最悪です。コンセプトは序盤耐えて中盤からダメージを出す、ですので気にはしていないんですが、龐統も弓兵に兵種変更可能ということもあり人によってはこちらの方がいいかもしれません。

 

戦歴

vs始刑ゴレン vs普通ゴレン

始刑ゴレンと普通のゴレン。まぁ互角って感じの結果ですね。みんな呂蒙進化してて羨ましいね・・・(遠い目)

 

俺の勝ち!

何で負けたか、戦歴みて考えといてください。そしたら何かが見えてくるはずです。

ほな、領地頂きます。 ※攻城値160以上。

 

何で負けたかは華佗に対して賈詡の算無遺策と諸葛亮の連環がガン刺さりしたからですね。お互い耐久編成なので、自分のスピードに合わせてくれる華佗は主動戦法3つでイタイイタイ、措手不及も地味に董卓に刺さってたのも良かったです。

 

vs弱呂布 vs夏侯淵入り騎馬

ここら辺の主動戦法が刺さるような相手には強いね。

 

vs蜀ゾンビ

この戦歴を見て確信したところあるね・・・。

  • 龐統もあり。
  • 諸葛亮措手不及→妖術に変更するのが理想。

この2つですね。やっぱり耐久vs耐久のゆっくりとしたペースの中でときおり暴走やダメージ軽減のデバフ(弱体化)が挟まれるとちょっときついです。自分は他に妖術を入れてるので無理でしたが、入れればいいなとは思います。

 

vs曹純入り騎馬

火力マシマシの騎馬隊に対して何とかやり過ごせました。唯一、措手不及の強みが活かせた場面。上にも書いた通り妖術で暴走ワンチャンとかも面白そう。

 

vs魏之智

連携効果、郭嘉のコントロールやそのほかのバフ(ステータス強化)と手数の多さで押され気味で終了。ここまでくると赤星差を言い訳にしても言い訳って感j((

 

vs魏歩兵

こういうステータスのバフ(強化)やデバフ(弱体化)がある部隊には意外とつらかった。よく考えればそうでしたね、完全に盲点😇

 

この戦法はあの戦法に変えた方がいい,この編成はここが意外と弱い等、実際に戦ってみるといろいろと気づかされた点が多くて、これも大三国志の面白さの一つだなと改めて分かりました。

 

ちなみに、華佗入りの漢ゾンビ編成の際に乗せたあのセリフはツイッターで今流行っている(?)#本田とじゃんけん ですね。ジャンケンで勝つとペプシが1本貰えるのかな。自分もやりましたけど、フォローをしてじゃんけんしないと駄目そうです。

 

自分はフォローせずにずっと結果待ってました😇

 

4/19まで毎日挑戦できるらしいので、新シーズンにはペプシ片手に頑張りたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA