大三国志:弓騎馬超編成

弓騎馬超編成

他のゲームの記事も書いていこうと言っておきながら、大三国志書いてますね😩

 

というのも、s4の部隊を全く挙げていなくて…今季は最悪のシーズンだったのが原因で、自分も少しモチベーションが下がったというのがあります。それでも、来季は非常に楽しみなので引退というのはこれっぽちも考えてないので、はやくs5を迎えてほしいですね。

 

s4で馬超を引き当てて、やっと攻撃に特化した部隊を作れると思いつつも、自分は今季の新武将を絡めて攻撃と防御どちらも優秀な部隊を編成しようと思いました。

 

その新武将というのは張機ですね。彼は基本、ゾンビ隊のような防御に特化した形で運用されますが、攻撃型の部隊に入れることも選択肢の一つと考えています

 

その部隊の例として

  • 霊帝のような後半から力を発揮する部隊
  • 窮追猛打のような後半に効果が発動し、それを活かせる部隊

が挙がりますと思います。

 

ちなみに、今から自分が使っていた部隊は両方当てはまりません…。最初、2つ目の窮追猛打を活かそうとしたのですが、指揮戦法の重複効果を完全に忘れてましたね😇

気づいたときは時すでにお寿司でした。それでも、自分がその重複効果に気づいて部隊編成を一から組みなおしたという世界線に辿り着いた設定で候補武将を挙げたいです。

 

張機+馬超+張遼

張機馬超張遼
本営 張機 金櫃要略 疏数 増援
中衛 馬超 血濺黄砂 掠敵之利 温酒斬将
前衛 張遼 其疾如風 怯心奪志 攻其不備

先に言いますが、最初自分は張機の増援の部分を窮追猛打にしてました。これは其疾如風と重複してしまうので、張遼と一緒にしてはいけません。普通に考えればわかってたことなんですけど、s4はちょっと部隊編成が難しくて、そんな小さなミスすら見逃しちゃった感じで恥ずかしいですね。

 

何を入れようか悩んだ結果、回復戦法を選びましたが、ここは大賞三軍も良いと思っています。大賞三軍と攻其不備の組み合わせは強力でしょう。

 

張機を入れることで、この部隊は弓+騎馬になり、s4から登場する新戦法の疏数(詳細)を入れることができます。毎ターン攻撃の機会が作れるので、超火力の馬超や攻撃回数でデバフが乗る攻其不備との相性はいいはずです。張機が本営であるのは、アタッカーの攻撃距離を考慮に入れた結果です。

 

馬超は攻撃距離が3なので、本営からだと前衛にしか届きません。彼は大三国志界屈指のアタッカーなので、個人的には柔らかい中衛までは届かせたいとのことで彼を中衛に置きます。

 

張遼が前衛であるのは、怯心奪志を敵の本営まで届かせたいからですね。彼の攻撃距離も3です。怯心奪志は対象を猶予状態にさせるコントロール戦法です。

 

基本的に、このゲームはコントロールが届きにくい本営に火力を置きます。そして、そのほとんどが主動戦法を占めますので、それを最速の張遼が上から防ごうとのことで彼は前衛に置きました。張機の金櫃要略増援もありますので、もともと硬い張遼が前衛で盾になることは特に問題はないと思います。

 

ただやっぱり、張遼を外して窮追猛打を入れることも良いですよね。この部隊も結局、戦必断金や呉レンジャーのような部隊に対して苦手ですから、後半に連撃ができるようにするのもアリです。ちなみに、自分は曹操を入れますね。彼の指揮戦法のデバフ(ステータス弱体化)は耐えて後半で本気を出すというコンセプトに合います。

他は魏の関羽とかですかね、固有戦法が追撃戦法で回復持ちなので…自分は持ってないので使い勝手は分からないですが😔

 

戦歴

旧ゾンビ隊の戦歴

 

新ゾンビ1の戦歴

 

新ゾンビ2の戦歴

 

vsガチアタッカーの戦歴

 

s4ってゾンビ隊が多くね??

 

土地に突撃すれば、またゾンビか~~~みたいな、まさにゴキブリのようにに戦歴がゾンビ隊で湧き湧きでしたが、湧くたびにボコボコに潰せます。

 

今季は全然、戦争できなかったんですよね。洛陽戦は早々に脱落といった感じで、ここまで酷かったのは大三国志人生初でした。なので、あまりデータが取れずにs4は幕を閉じることになりましたが、張機の運用方法の幅は広いと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA