大三国志 勝兵求戦と謀常後動

勝兵求戦と謀定後動

避其鋒芒と無心恋戦は自軍のダメージを減らす戦法、神兵天降と大償三軍は敵軍へのダメージ量を増やす戦法として両者比較されていますが、シーズン3とシーズン4にて新しく勝兵求戦と謀常後動はどちらも初期戦法の発動が絡んでくる戦法でこれも比較の対象だと思っています。

 

シーズン3の勝兵求戦は弓諸葛亮と歩皇后の分析戦法で歩皇后から簡単に分析に回せるんですが、謀常後動は孫策,関羽,夏侯惇からの分析で、どれも優秀で2枚目以降で余ってしまった場合以外では分析に回したくないですよね。自分も余っているわけではないので、この戦法を分析できるかは微妙ですが、できるのであればしておきたいなと思ってる・・・。

 

この2つの戦法はかなり限定的であり、一部の武将でしか効果は発揮できません。

 

勝兵求戦

勝兵求戦
勝兵求戦
戦闘中、初期戦法を発動するたびに、25.0%の確率で1ターンの準備時間をスキップ。

戦法Lv10で確率が50%まで上がります。初期戦法(固有戦法)の発動が条件で、準備要らずで1ターンだけスキップできます。この戦法を入れることは個人的に勇気のいることだと思っており、その理由が2つほどあります。

  • 枠を1つ減らし、初期戦法(固有戦法)のみに依存する戦法を入れるので、場合によっては部隊のバランスが崩れることもある。
  • スキップできる確率が50%とかなりの運絡み。前提として初期戦法(固有戦法)も発動しないといけないので最悪、スキップできずに戦法自体が無意味になることもある。

1つ目の部隊のバランスが崩れるっていうのは、落雷,渾水摸魚のようなコントロールやそのほかのバフ,デバフ戦法を変えたことで安定性が欠けてしまったり、単純に主動戦法を変えたことによって火力が落ちてしまったりなどですね。

 

もちろん、この戦法を入れることでプラスに働くこともあるんでしょうが、まずは初期戦法(固有戦法)の発動確立をかいくぐり、その後さらに勝兵求戦の1/2を引き当てるというのは少しばかし難しいと思っています。これが2つ目の理由で書いてある通りで恩恵が少ないときもあるってことですね!

 

逆にこの戦法のいい点は、

  • このゲームは基本的に強力な戦法は連発できないように準備ターンを設けているが、それをスキップできて即時発動できるので先手を取って圧力をかけれる。
  • スキップによって戦法の回転数が上がるときもある。

くらいですかね。例えば周瑜の初期戦法(固有戦法)の玄武洰流は敵軍3に策略系ダメージと臆病を2ターン与えるものになりますがこれを即時発動できるとなればかなり凶悪でしょうし、s4になると蜀関羽が登場して彼の初期戦法(固有戦法)の樊淵泅囚も非常に強力なものになります。敵軍3に猛攻と猶予を与えるので、上から殴れれば猶予に弱い武将たちを封じることもできますし、2点目のように連続で発動できる場合もありますからやられた方は台パンありそうですよね・。・

 

この戦法は運ゲー大歓迎で、このような初期戦法(固有戦法)が強力な武将につけるといいと思います。つけれる武将自体、かなり限られていますが😩

 

謀常後動

謀定後動
謀常後動
戦闘中、準備が必要な初期戦法を発動するたびに、50.0%の確率で自身が洞察状態になる。混乱、猶予、臆病、暴走、挑発の効果が無効。2ターン持続。

戦法Lv10で確率が100%まで上がります。スキップはできませんが、洞察が2ターン続くので準備中にコントロールを受けません。この戦法も勝兵求戦のように本来、入れていたはずの戦法をこれに変えることによってバランスが崩れる場合もありますが、デメリットはそれくらいだと思います。勝兵求戦とは別のいい点が2つありまして、

  • 初期戦法(固有戦法)を発動すれば100%洞察になるので、確実に発動できる。
  • 洞察状態になるので、他の主動戦法も安定して発動しやすく、そもそもコントロールを受けないので役割を遂行しやすい。

だと思っています。1つ目は書いてある通りで100%洞察なので確実に準備ターンを終えて、初期戦法(固有戦法)を発動できます。2つ目は初期戦法+十面埋伏+謀常後動のような組み合わせでも、十面埋伏の準備ターン中にコントロールを受け中断になる機会が減るということですね。

 

ただし、初期戦法(固有戦法)を発動しない限り、洞察状態にはなりませんからあくまでも発動機会が多くなるという意味ではありますが、同時発動であれば確実に他の準備ターンが必要な主動戦法も発動できます。ほかにも、その間は暴走や臆病のコントロールも受けないので安定してダメージを与えれます。

 

この戦法はとりあえず、洞察状態を利用したい場合につければいいと思います。そうはいっても初期戦法(固有戦法)を発動しない限り、洞察状態にはならないので運絡みと言う矛盾🤔

 

どちらがいいのかは好み

どちらの戦法も他の戦法とは違った独特な効果があり、両者ともに違ったメリットはありますが、主動戦法(固有戦法)の発動率が絡んでくるので、運次第なので好みだと思います!

 

個人的にはs4の蜀関羽に勝兵求戦をつけようかと思っています。準備要らずで主動戦法を封じれるのは強力ですし、関羽vs関羽のようなミラー対決にも強くなれるので悪くないです。相手もつけてたら別ですが・・・。

 

謀常後動の方も分析はできればしたいとは思っています。シーズンが進むにつれて、戦法や部隊編成も変わっていきますから、有効に使えるときもくるかもしれませんしね。

 

今のところは張飛につけるとかは聞いたことありますが・・・

そもそも一騎当千無いんではやく欲しいです!!!!(分析用に)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA