やるまでがめんどくさいっていうの分かる人いるかな

こういう話をすると、あんまり共感を得てくれる人が少なくて意外だったんですけど、稀にあるんですよね。

 

言っている意味が分からないっていう友人がいて、自分を例えて話すと、あぁ~なるほどね~とは言われるんですが・・・。

 

自分はアニメを一時期、よく見ていたんですが今は見ていません。っていうか見たいけど見れないっていう表現がいいんですかね。

 

アニメを見るときって居間のテレビまで行って、録画を再生するっていう流れがあるじゃないですか・・でもそれをするのがめんどくさい・・・。

新しいアニメであれば、事前に調べて見たいアニメを決めて、録画予約をする流れもめんどくさいんですよね。

でも、無理やり行動すればすんなりと見れて、しかも続けて一気には見れるから分からない。

読書とかも本棚から本を持ってきて椅子に座り、しおりを抜いて読むというのがめんどくさいんですが、一旦読めば読み続けられるんですよ。

 

ほかには学生時代の勉強は教科書,ノートを広げて勉強を始めるのがめんどくさいっていうのがありましたが、これは単純に勉強が嫌いなだけかもしれません。娯楽に絞ると少ないかもしれませんが、自分の場合はこんな感じでやるまでがめんどくさいっていうのがいくつかあります。

 

でも、こういうのって中学,高校時代にはなくて、あの頃は確かに時間を無駄に過ごしても何とも思わなかったです。自立するにはまだまだで親からの保護は絶対でしたし多分、安心感があってそれが余裕に繋がっていて娯楽に対して楽しむ余裕ができていたんでしょうね。

 

もちろん何もかも楽しめないっていうわけではないので、娯楽の中にも優先順位があって上位ほど楽しめるんでしょうが、悩みがあればあるほど心から楽しめるものが少なくなっていくって思っています。

 

例えば、就活が決まらなかったりすれば焦りはでてきますし、職場の人や友人との人間関係の悩みだったり、将来の不安ともあれば、解決できなければどんどんネガティブな感情が重なっていって、心に余裕がなくなっていくでしょうし、自分は悩みがあって解決が難しくて長期間続いている時期には何かを始めようとしてもめんどくさいが最初に出てきていました。

 

何か終わった後の1時間後くらいに、時間を無駄にした・・・,他にもやるべきことあるじゃん・・・っていう感情が急に湧き出てくることがありましたけど、そういう悩み以外にも単純に年を取って昔のように体力が続かなかったり、視野が広くなって娯楽以外にも費やす時間を使いたいっていうもあるんでしょうね。

 

たまに夜中に何もしていないときにボーッと色んなことを考えちゃいますが、自分で言うのも何だけどよくこういうこと考えるなって思っちゃう・。・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA