大三国志、3季終了。☆3集め以外にシーズン終わりにできること。

こちらの3季は今日でもう終わります。洛陽を賭けた模擬戦は敗北して、取れませんでした。

 

6つの同盟で2vs2vs2で戦い、残った同盟が取得権を得れる三つ巴の模擬戦となったんですが、バトルロワイヤル形式のあるあるで敵の敵は味方っていうんですかね・・・途中から2vs4になってうちの同盟を先に潰すような展開になってしまい、かなり苦戦を強いられていました。その後も色々あったんですが、最終的にはシーズンの終了日が予想以上に早かったせいで攻めきれずに負けました。

 

非常に残念な結果に終わりましたが、次のシーズンまでの準備もあるのでくよくよしてはいられません。

 

次のシーズンの準備については調べれば☆3武将集め等色々でてくると思いますが、それ以外にも自分のしていることがあります。

 

来シーズンの新武将の調査とその部隊編成をする

自分の鯖は最先端ではないので、シーズンを迎えるごとにそのシーズンの情報は調べれば入ってきます。

 

例えば、1季の人たちが2季を迎えるときには陸遜,郭嘉,龐統,董卓,呂布が登場し、それらが目玉武将になります。課金をして彼らを引いた際にはどういう部隊を編成するかの予定を事前に立てています。

 

1季では荀彧+夏侯淵+曹操だった編成を郭嘉を引くことにより、荀彧+郭嘉+曹操という編成に変えることができ、夏侯淵を抜いたことで彼に一騎当千をつけていた方はこの戦法を別の部隊に組み込むこともできます。このように、引いた武将によって部隊の編成や戦法が前のシーズンとは大分違ってきますので、自分はいつもスムーズに武将のレベリングをして部隊を組んでいます。

 

2季では陸遜を引けば上位互換の呉レンジャー,郭嘉は魏騎馬,董卓はゾンビ隊,呂布は彼を軸にした編成鶴翼などもいいでしょうね。組む際は一軍から順に自分が組みたい又は強くなるように武将と戦法を選び、課金をする方は開始後の新季ガチャで新武将を引くことを前提にして組みますが、引けなかった場合でも少しの手直しで済むとは思います。

 

そして、そのような編成が登場すると分かれば、対策も立てやすくなるかもしれません。例を挙げるなら、2季からゾンビ隊が多くなることが分かれば、回復を阻害する荀彧やその肉壁を突破できるような破壊力をもつ馬超などを軸にした部隊は一つは持っておきたいなどですね。

 

シーズン開始の2日前からPCの前でメモ帳起動からの・・・

 

部隊編成のメモ帳

自分はこのようにして漢字とかは、かなり適当で自分が分かればいいという感じで書いてます笑

新しく武将を引いたり、戦法を分析すればその都度、訂正はしていましたが、ある程度時間が過ぎれば必要がなくなるのでこのような放置状態にはなっちゃいました・・・。

 

☆3武将を集めて来シーズンの戦法経験値を貯める準備が最優先だとは思いますが、何もやることがなければこういう編成の予定を立てるのもいいとは思います。自分は少なくとも楽しいですし、このゲームは序盤中盤でも戦争をします。そのときの部隊はまだ皆、完全なものではなくて1軍から3軍くらいしかできていないでしょうし、しかも序中盤ですと1軍でもLv40くらいでしょう。

 

そこで、前もってどういう部隊を作るのか決めておけば、迷いなく完璧に近い形で育成を進めれますし、来季の情報を調べるということは新しいメタ(環境)に対して早く適応,対処できると思います。

 

戦争では1回の敗北で洛陽の席から外れてしまう(敗北条件を飲ませられる)可能性もありますから、さきほどのような序盤中盤の戦争にも負けないような3軍辺りまでの部隊編成の際には手助けになるんじゃないでしょうかね。

 

自分は明日で4季ですが、1周年ガチャで長角を引きました・w・ 張梁と張宝は4季では出るんですかね・・・?関羽や孫策なども楽しみなんですが、個人的には今一番、黄巾の連携編成を試したいんですよね。1周年でリセットされた2倍令札も全て買い終えたので札の貯蓄は十分です。 次こそは呂蒙も引きますので、もう呉レンの編成を考えておきますかね(フラグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA