大三国志 弓呂布編成

弓呂布編成

まだブログの知識が全くないときに呂布についてを書いていたのを見返しましたが、今は大分見やすく書けてるなって思いました。(小学生並みの感想)

 

あのときは編成よりも呂布との相性がいい武将を書いていましたが、今回は自分が編成している呂布隊を紹介したいです。

 

呂布+諸葛亮+甄洛

群呂布諸葛亮甄洛
本営 呂布(群:弓) 轅門射戟 雄兵破敵 箭嵐
中衛 諸葛亮(弓) 明其虚実 鶴翼 落雷
前衛 甄洛 洛水佳人 落雷 歩歩為営

この編成は弓兵の諸葛亮が登場する3季からできる編成ですが、模擬戦などの対人で呂布を含む部隊と当たると全く同じ編成を見ることがときどきあります。

落雷のコントロールにより相手の攻撃回数を減らしつつ、洛水佳人の全体回復で凌ぐようにしています。

諸葛亮の明其虚実は呂布が苦手な軍師に刺さり、ターンを重ねるごとに効果が大きくなるので先ほどの落雷,洛水佳人との相性も良く、弓部隊なので鶴翼のバフ(強化)で相手を殴るという編成。

(群 貂蝉:http://innoov06.com/2018/09/12/%E7%BE%A4-%E8%B2%82%E8%9D%89/

 

この記事で書いてあるように、上記をメインにした編成です。呂布を入れる際には彼は知力がとてつもなく低く、策略系のダメージがかなり入ります。なので、混乱や猶予などのコントロールをもつ戦法を入れて、軍師隊と対峙したときには相手の策略系戦法の発動機会をできるだけ減らすことが大切だと思っています。

 

諸葛亮は知略が高く、それを活かして水淹七軍や連環などの火力のある戦法を入れるのがふつうですが、火力面に関しては呂布が全部出してくれるので落雷を入れてコントロールする側にまわりました。

 

また、攻撃,知略を低下させる戦法も呂布を守る上では悪くない選択であり、伐謀はダメージ率も高く準備ターンも必要がなく強力な戦法です。この戦法を採用するのは個人的にはありだと思っていますが、呂布雄兵破敵をつけると重複問題が発生(雄兵破敵と伐謀の低下が相乗しない)するので注意が必要です。自分は入れるのを止めました。

 

呂布の戦法に関しては愈戦愈勇+一騎当千が理想だと思っています。愈戦愈勇はターンを重ねるごとに効果が大きくなっていく戦法で、呂布もですがこの編成と相性がいいです。一騎当千は物理系の武将であれば誰もが欲しがる競争率の高い戦法ですが、つけれれば説明不要の鬼に金棒状態ですよね。

 

一騎当千+万箭斉発や雄兵破敵などのような戦法もいいんですが、賈詡隊と当たると彼の主動戦法のダメージがかなり痛いです。自分も賈詡隊と当たった際に狙い撃ちで重症を負った戦歴があったんですが・・書きながら思い出したのでその戦歴もう見つからない・・。 いろいろな呂布隊を見てきた中で愈戦愈勇をつけている呂布は後半のダメージの伸びもいい,賈詡隊と当たった際にも被害が最小限などからしっかりした呂布だなと思いました・・自分とは大違い😇

 

戦歴

呂布隊vs呉レン1

 

呂布隊vs呉レン2

呉レンジャーに対しては勝てる見込みがありますが、兵の損傷はやはり呂布なのか大きいです・_・
そこそこ守れるよう意識をしても呉レンにこれですから、やっぱり何かしらの対策は必要だと思います。

 

呂布隊vs蜀歩

 

呂布隊vs魏騎馬

 

戦歴の詳細

 

戦歴の詳細

呂布が火力を出し続けること同様に、諸葛亮と甄洛が場をコントロールするのも重要でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA