大三国志 陸遜入り群歩兵編成

陸遜入り群歩編成

まだ模擬戦真っ只中ですが、以前投稿した編成の詳細を載せたいと思います。(URL:http://innoov06.com/2018/09/12/%E7%BE%A4-%E8%B2%82%E8%9D%89/)

個人的にレベリングが少し不安定なときもあり、大丈夫なのかな・・とは思っていたのですが、対人戦ではちゃんと仕事をしてくれました。自分は呂蒙をもっておらず、呉レンジャーを作れなかったせいか陸遜を2季の頃は全く使っていなく、3季の始まった瞬間に新季ガチャではなくあえて新将ガチャを回しました・・。

 

呂蒙を引くために・・。

 

結果は惨敗で、馬超や張飛も引けずにでそれなら新季ガチャで弓諸葛亮を赤星にしたり曹純を引いた方がマシでした😇 今季も陸遜はベンチ入りか~・・もったいないなぁ~。

 

と思いながらゲームを進めていると高級兵種が解放されます。そうすると、俺を使え・・と言わんばかりに重歩兵をチラつかせてきた武将がいたんですよね。それで、目に留まったのが顔良・文醜です。

 

顔良・文醜

顔良・文醜
二夫之勇
敵軍複数に物理系攻撃を行う(ダメージ率70%)。対象は主動戦法で与えるダメージが25%減少。さらに主動戦法で受けるダメージが12.5%増加。2ターン持続。

敵軍2までかかり、有効距離が4あります。主動戦法が関係する戦法で、ダメージ率は70*2=140%で控えめですが、対象に対して主動戦法で与えるダメージを減らしつつ受けるダメージが増加するデバフ(弱体化)がつきます。

 

主動戦法をメインとした部隊と組むのがよく、顔良・文醜は騎兵で足も速いこともあり、二夫之勇発動→味方の主動戦法発動にてダメージ増加の流れを作りやすく、かつ敵軍に対しても主動戦法がメインの部隊相手だと二夫之勇が刺さります・・・が、発動率は35%なので特別、発動しやすいということはないと思います。

 

さらに高級兵種にて歩兵になることも可能です。自分はこれを見たとき、強力な主動戦法をもつ陸遜と組めるのではないかと思いました。顔良・文醜のステータスを見ると攻撃が+2.57で防御が+1.95もあり前衛としては優秀なので前衛配置をしても問題ないように見えますが、知略が+0.54と群呂布並みに低いです・・。それを補うために、歩諸葛亮を採用し、知略の低さをカバーしつつ彼の固有戦法のバフ(強化)でさらにダメージUPを狙った編成にしました。

 

が、レベル上げの最中に群貂蝉を引いたことにより、諸葛亮と入れ替えました。理由は彼の固有戦法を活かすために先手が取れる疾風迅雷を入れる必要がありつつも、発動率が35%なので不安定であり戦法枠を一つ無駄にするのではないかと・・個人的にあまり好みではなかったので、それであれば群貂蝉の確実に発動する指揮戦法のデバフ(弱体化)+暴走のコントロールを入れた方がいいと判断。そして単純に使ってみたかったからですね。

 

陸遜+貂蝉+顔良・文醜

陸遜貂蝉顔良・文醜
本営 陸遜 火勢風威 不攻 十面埋伏
中衛 貂蝉 白楼独舞 水淹七軍 方圓
前衛 顔良・文醜 二夫之勇 回馬 青嚢秘要

そして出来たのがこの形。全体的に火力はあるが、特に陸遜にダメージをだしてもらうため、不攻による策略で当てるダメージ増加,方圓による主動戦法のダメージ増加,そして二夫之勇による主動戦法で受けるダメージ増加の3つのバフ(強化)とデバフ(弱体化)を利用し、編成しました。

 

方圓に関しては陸遜は不攻をつけているので通常攻撃ができないのだが、そもそも本営配置なので攻撃距離2で届きません。貂蝉は知略よりの軍師なので通常攻撃がメインではなく、顔良・文醜は攻撃寄りの物理メインであるが、二夫之勇と回馬でもダメージを出せるし、通常攻撃の火力が少し減少してでも方圓のバフ(強化)の方がでかいので採用。

 

そして、誰につけるかといのが問題でこれは消去法で貂蝉に決まりました。顔良・文醜につけるのもアリですが、前衛の回馬武将には基本的に回馬+青嚢秘要はセットだと考えています。顔良・文醜は知略面に不安が残り、特別硬い武将ではないので残りを考えると枠に余裕がある貂蝉に決まりました。

 

貂蝉のステータス配分は知略に振ります。方圓のダメージ増加のバフ(強化)は防御の影響を受けますが、貂蝉の固有戦法である白楼独舞と主動戦法の水淹七軍を強めます。貂蝉の場合、主動戦法のダメージ増加量は大体25%前後であり、この編成では火勢風威,十面埋伏,水淹七軍,二夫之勇の4つの強力な主動戦法があるので、増加量が多い方がいいのだが25%でも十分な量になると思います。

 

呉レンジャー同様に敵軍前衛から本営までダメージが届く手段が多いので火勢風威の追加ダメージという名のトリガーを引きやすいと思います。理想としては火勢風威と十面埋伏の同時発動で、確率は1/16ですね。とてつもなく低い確率ですが、決まれば111*3+221*3+130*3=1386%(知略の影響を受ける)でかなり強力であることが分かりますよね・_・

 

戦歴

陸遜入り群歩編成vs群編成

一般的な群陣営の部隊に対して、大差で勝ちました。知略系の攻撃に耐性のない武将がいると、けっこう早めに倒れてくれます。

 

陸遜入り群歩編成vs蜀歩

諸葛亮がいるとどうなるかは分かりませんが、蜀歩に対してもいい戦いができます。

 

陸遜入り群歩編成vs呂布馬超編成

呂布馬超と戦う際、臆病,混乱のコントロールや策略系ダメージの有無はその戦いの勝敗を分けるくらい重要な要素だと思っています。この編成の一番のコントロールは貂蝉の白楼独舞しかありませんが、その一つの戦法でここまで殴り合えます。

 

正直、自分としては満足のいく編成だと思いました。来季は絶対、呂蒙引くマンになりますのでこの編成は今季で最後なんでしょうが、陸遜や貂蝉の強さを実感しました。実際に使ってみないと分からないですね。何度もいうけどほんとに来季、呂蒙頼む・・😩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA